委員会活動方針

委員会名 活動方針

幹 事

■基本方針

会員の皆様のご理解とご協力をいただきながら、クラブ運営の円滑化に尽力したいと考えています。


■計画および実施方法

  1. 理事会、各委員会の協議・決定事項等を速やかに各会員に報告する。
  2. 地区・第8グループの諸会合の状況、依頼事項等を速やかに報告する。
  3. クラブ全般を把握し、各委員会との協調して活気あるクラブ運営づくりに資するよう努力する。

会場監督(SAA)

■基本方針

例会上の品位ある雰囲気作りを目指します。

■計画および実施方法
  1. 円滑な例会の進行。
  2. ゲストや会員に対して気配りをする

会 計

■基本方針

資金の管理・保管、ならびに資金の収入・支出の報告書作成を適正に行うと共に、関連委員会との協調を図り、クラブの円滑な運営に努めます。

■計画および実施方法
  1. 会費の期限内徴収に努めます。
  2. 毎月、例会締切日を遵守し、翌月決済が行えるよう努めます。
  3. 常時、会計状況の把握に努めます。
  4. 厳正な会計処理に努めます。
会計監査 ■基本方針

財政細則に基づき、妥当で適正な会計処理が行われているか審査を行う。

■計画および実施方法
以下、各項目について審査を行う。
1 各委員会への配分は適正か。
2 予算に基づく適正な支出が執行されているか。
3 収入、支出の帳簿記載処理が適正に行われているか。
4 資金、諸帳簿、関係書類等の整理・保管が適正に行われているか。
会員増強維持部門 会員増強はロータリークラブの永遠の課題です。全会員が何らかの形で会員増強運動に関われば、仮に今すぐ結果が見えない場合でも、いつか必ず成果が上がる、との信念で増強活動を進める。
会員増強・
退会防止委員会
■基本方針
  1. 職業分類:地域社会の職業分類調査を行い、充填・未充填職業分類一覧表を作成し、会員増強の一助とする。
  2. 会員増強:クラブの活性化を図るため、全会員が増強を推進することにより、ロータリアンとしてふさわしい人物の入会を推奨し、現会員比30パーセント以上の増強を目指す。

■計画および実施方法
  1. 職業分類を精査のうえ8月31日までに職業分類表を作成し、会員に公開する。
  2. 関連委員会、理事会と連絡を取りながら、増強グループを作り、新会員3名以上、再入会員2名以上の入会を目標として活動する。
  3. 退会者を未然に防止する方策を関連委員会と協議、検討する。
管理運営部門 管理運営部門は、クラブ奉仕委員会(プログラムを含む)、出席・会場委員会、親睦委員会で成り、活力あるクラブづくりを行いながら、ロータリーを楽しく正しく学ぶ機会としていただけるよう運営していきます。

■計画および実施方法
  1. 地区の管理運営部門の支援を受け、クラブ活性化の卓話をしていただく。
  2. 卓話バンクに派遣を依頼する。
  3. クラブ活性化委員とも連携し、地域社会で認められる団体にする。
出席・会場委員会 ■基本方針

出席規定の周知徹底を図り、例会出席の重要性を会員に理解していただきながら出席率の向上に寄与する。スムーズな例会進行に努め、有意義な例会になるよう心がける。

■計画および実施方法
  1. 司会進行は輪番制とする。
  2. 厳正な出席状況の報告を行う。
  3. 無断欠席の防止に努める。
広報部門

2014-2015年度、地区広報部門委員会では次のような基本方針を挙げています。
1. 公共イメージとロータリー認知度の向上を目指して活動する。
2.「ロータリーデー」実施に向けたサポートおよび取材。
3.ポリオ撲滅に向けたペットボトルキャップ回収事業。
4.クラブホームページの更新・作成のサポート。
5.メディアを利用してのロータリークラブの活動PR。
6.ボケーショナルガイドの作成サポート及び活用。
7.アドトレーラーによるポリオ撲滅広報活動の再度の実現。
 そしてゲイリーC.K.ホァンRI会長は、「ただ座って暗闇を呪うよりも、ロウソクを灯したほうがいい」ロータリー設立の約2400年前を生きた中国の思想家である孔子の教えに心を動かされ、今年度のテーマを「ロータリーに輝きを(Light Up Rotary)」としました。「ロウソクをともすのがロータリーです。私が1本、あなたが1本、こうして120万人の会員全員がロウソクを灯しましょう。力を合わせれば世界を光で輝かせることができるのです」と述べています。
 また「ロータリーデー」を開催して、ロータリーの意義やロータリーが行っている奉仕活動を一般の人々に知ってもらいましょう、と呼びかけています。
 こういった意向を受けて、わがクラブでは留学生や近隣住民が多数集う場となってる国際食文化交流会をロータリーデーと位置づけ、活動の様子を大勢の方に伝えたいと考えています。
 ロータリーの公共イメージの向上と認知度の向上に寄与しながらローソクに灯りを灯す一年にしたいと思いますので、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。 

広報・会報委員会 ■基本方針

「ロータリーの友」や会報を友好団体や近隣に配布するなどしてロータリーの奉仕活動を地域社会へ周知、広報する。準則で適正な会報作成に努める。

■計画および実施方法
  1. 地区・グループ、地域各友好団体へ「ロータリーの友」「会報」を配布する。
  2. 会長、幹事、卓話者から会報掲載原稿を集め、また「ロータリーの友」からの情報も集めて会報内容の充実を図る。
  3. 上記同様に、クラブホームページの充実を図る。
  4. メークアップの来賓と欠席会員に会報を送付し、クラブ活動の周知を図る。
奉仕プロジェクト部門 奉仕プロジェクト部門にある職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕の3委員会をまとめるべく各委員会の意見を尊重し、運営シナジー効果を高めるよう努める。

奉仕プログラムを作成するにあたり、
① 委員、クラブ会員全員で協議する。
②その中で、奉仕プロジェクトとして意義があり、
③達成可能で、
④尚且つ、ワンイヤールールに則している。

以上の事柄を考慮し、会長方針に沿って会員の皆さんとより豊かなロータリーライフの創生に努めたいと考えている。
クラブ奉仕委員会 ■基本方針

合同例会や会員家族が参加する機会を設けるなど、会員の出席意欲を向上させるようなプログラムを提供し、クラブ内の充実・活性化を図るよう力を注ぐ。

■計画および実施方法
1 地区方針、会長方針を十分に理解し、活発な委員会活動を推進する。
2 IMや地区大会等へ積極的に参加するよう呼びかけていく。
3 特別月間には他クラブから卓話者を招き、会員の意識高揚を図る。
親睦委員会 ■基本方針
会員相互の親睦を促進すると共に、ロータリーの奉仕、レクリエーションおよび社会的行事への参加を奨励する。
全会員の積極的な参加により、質の高い例会へつなげていくため、楽しく親しみやすい親睦活動を企画・実施し、関連委員会と連携を取りながらスムーズな運営に貢献する。

■計画および実施方法
  1. 第1例会には、会員の「誕生・結婚のお祝い」を行う。
  2. 家族同伴納涼例会クリスマス家族例会など会員と家族が参加できる企画を立て、これを実施する。
  3. 親睦旅行、親睦ゴルフを実施する。
  4. 婦人部の活動を助成する。
  5. 例会場変更時は関連委員会と打ち合わせをし、協力助勢する。

職業奉仕委員会

■基本方針

会長方針に沿ってクラブ内を充実・活性化できるように小委員会と協議する。

■計画および実施方法
  1. 毎月第一例会時に委員(会員)の会社(事業)案内を行う。
  2. 職業奉仕月間(10月)に会員事業所訪問例会を行う。
社会奉仕委員会 ■基本方針

地域社会に密接した社会奉仕活動を計画し、直接参加にて実施する。

■計画および実施方法
  1. 地域社会との交流を深めるため、市民まつりに積極的に参加する。
  2. 地域住民と一体となった奉仕活動をするため、清掃美化運動等に積極的に参加する。
  3. 地区の社会奉仕活動に協力する。
  4. スマイル活動を推進し、有意義な社会奉仕活動に貢献する。
国際奉仕委員会

■基本方針

国内外の地域社会の人々が企画する「教育的、人道的、職業的」なプロジェクトの具現化を支援する活動を行う。そうした奉仕活動を通じて「国際理解、親善、平和」という共通の目的に寄与する。

■計画および実施方法

  1. 文教大学国際留学生との親善交流
    ①例会への招待とミーティング
    ②各国の自慢料理を囲んでの食文化交流会(第12回国際食文化交流会の開催
    ③クリスマス例会への招待と親睦
  2. 友好姉妹クラブ・台北百城クラブとの交流
    ① 台北百城クラブ訪問・合同例会
    ② 台北百城クラブ推進の国際奉仕プロジェクトの理解と協力及び参加の検討
  3. 越谷市国際交流協会への積極的協力(団体会員の継続)。
  4. 地区からの要請による「国際親善交流、VTT」の受け入れを検討する。
  5. 財団奨学生の受け入れおよびカウンセラーの引き受けを実施する
ロータリー財団・
米山記念奨学部門
 会員の寄付によって支えられていることを再認識していただくため、ロータリー財団及び米山記念奨学の目的やプロジェクトの意義、素晴らしさを理解していただきながら寄付の増進に努めていきたいと考えている。
ロータリー財団委員会 ■基本方針

ロータリー財団への理解を推進し、財団寄付の協力をお願いする。

■計画および実施方法
  1. ロータリー財団年次寄付目標実施のため、年数回の節食例会を実施する。(一人200ドル、ポリオ・プラス50ドル)
  2. 目的やプロジェクトの意義等を会員に理解していただくため、ロータリー財団月間(11月)に卓話を実施する。
米山記念奨学委員会 ■基本方針

将来、日本と世界を結ぶ「懸け橋」となって国際社会で活躍し、ロータリー運動の良き理解者となる人材を育成するという使命を持つ米山奨学事業への理解を推進し、クラブ一丸となって協力を行う。

■計画および実施方法
  1. 米山奨学事業に対する理解を深めるため、例会において研修会を実施する。
  2. 地区目標額(一人当たり25,000円以上)を達成するため寄付金の協力を推進する。
ページ先頭へ戻る